注目度

2017/11/21

エース級が2人いることは、かなりの強みであり

また日本代表になった選手のポテンシャルはさすがのヒトコト

それまでの、努力が報われた瞬間に感じるのだろうか

 

とは言え、国体と夏の甲子園のメディアの取り扱いの差には驚いた

紙面での扱いもかなり小さいものであった

 

高校野球の代表的な大会は

春の選抜甲子園・夏の甲子園

国体大会(公開競技)・神宮大会

とある

 

甲子園球場で開催される2大会はメディアの取り扱いは別格であり

春と夏を比較すれば、

出場校の上限が決まっている選抜大会、と比べたら

各県の代表校が出場する夏の甲子園の注目度は高いと言える

 

また夏の大会は負ければ3年生は引退するというファクターもあり注目度はかなり高い

またこの大会での活躍選手が、その後に行われるドラフト会議に直結することも

注目度が高まるファクターとなっているのではないか

 

この2大会と、国体大会・神宮大会を比較すると

注目度が低いことは否めない

 

国体大会は出場校が、夏の甲子園の上位校より選考されることから新鮮身に欠けてしまう。

また神宮大会は、この時期に秋季大会(いわゆる新人戦)の地区代表が出場する

出場校が10校と限られる事や

新体制のチームであり、選手の全国的な認知度が低いことなどから

注目度が低いのではないか

 

よくよく考えれば、四季を通じて各季節に大きな大会があるのだが

その注目度の差には、驚かされる

 

しかしながら、高校野球は興行としての側面はなく

野球を通しての「教育」であるという理念のもとでの行われているのだから

高野連としては、メディアの取り扱いに気を巡らす必要はないのだろう